カテゴリ:犬と男( 27 )

午後5時の晩餐

c0140281_2164481.jpg

 
            トラックヤードに整然と並ぶトレーラーのフードが物凄い勢いで雨を弾き返している

            いつもなら運河越しに瞬いているマリンタワーの灯りも今はここまで届かない。

            
            季節はずれの夕立に犬と男は高速湾岸線の橋脚の下に閉じ込められていた

            苛立つ男を尻目にこの25分犬は一点を見つめただ一つのある事だけをひたすら考え続けていた

            そのただ一つの事とは「ゴハン」の事だ

            この犬の腹時計は男の腕に巻かれた時計より正確だ、何故なら男の時計は5時26分を指していたから。


                    

                    
[PR]
by nobtee | 2010-04-11 22:16 | 犬と男

超能力な犬

c0140281_20442685.jpg

       今日も男は犬に引率されての散歩だ

       一瞬、男の前をゆく犬の姿が深い藪に消えた・・

       犬が咥えて来たのはおそらく何年も前に

       行方不明になったであろう昭和時代の物とさえ

       思えるデザインのボール。


c0140281_20511280.jpg

       ことボール探しにおいてはこの犬は超能力を持っている。

       しかも、遊び道具を自分で調達する安上がりな犬でもあるのだ・・・。
[PR]
by nobtee | 2009-09-23 20:59 | 犬と男

久々の登場だが・・・

c0140281_2263851.jpg

     「気を取り直して明日こそ いつものサイズで登場するぞ!  おー!!」

     なんて言っときながら後姿かよ、前にUPしたヤツは加工写真だしねぇ

     まぁ、すべてを明らかにすると自分自身もお楽しみが無くなるので

     いずれ気が向いたらちゃんと登場しますぜ。 なにぃ、誰も期待してないだとー

                                      だよな・・・。


     今週はなんとか在庫で乗り切れそうだ(爆) 来週こそはガツンと言わしたるぜー。

                                        (大ボラです)



     
[PR]
by nobtee | 2008-10-31 00:00 | 犬と男

機嫌のいい犬

 その日 犬に連れられた男は散歩の途中にもかかわらず空腹感に襲われた。

 男は近くにある食事処へ犬に伺いを立ててから入店した。

 男には解っていた 自分の都合でこの犬のスケジュールを狂わせると機嫌を損ねることが・・

   しかし、今日の犬は・・


c0140281_2363145.jpg

          何故だかやたらと



c0140281_237232.jpg

          機嫌が良い・・


c0140281_23875.jpg

   食事の味もうわの空になるほど男はその上機嫌の理由をしきりに考え始めていた。

   この犬のプライベートでよほど良い事でもあったのか?

   しかし プライバシーのある犬?・・・  

   男は即座に頭を強く振る事により その馬鹿げた考えを打ち消そうとした。



c0140281_23163722.jpg

          それにしてもなんなんだ その機嫌のよさは・・・

          いずれにせよ これが続く事を男は心の中で願った、  そっと・・・。

                              
[PR]
by nobtee | 2008-09-23 00:00 | 犬と男

先客

c0140281_21235730.jpg

       日が暮れたばかりの時間、男はオフィスに戻る前、軽く喉を潤すために

       この場所に立ち寄る事にした。


c0140281_2128857.jpg
 
       早い時間のこの店はいつも男を貸切のような気分にさせてくれる

       ちょうどこの写真のように。

       1時間も経つといつも満席だ、その前に引き上げようと決めていた

       だが、今日に限ってはドアを開く前から既に人の気配が・・・

       どうやら先客がいるらしい、 男の表情には少しばかり落胆の色が浮かんだ

       が気を取り直し扉を開く・・・


c0140281_21493259.jpg


     男の勘は見事にはずれた、カウンターにいるその気配は人のものではなかった。


c0140281_21494991.jpg


     という問題ではない、な、なぜ客としてここにお前がいるんだ? という問題だ。




                  
[PR]
by nobtee | 2008-07-18 00:02 | 犬と男

俺の背後にだけは、立つな。

     

     鍵の束の中から一際複雑な形をしたひとつを男は探し出しそれを使い

     ある場所の扉を音も立てずに開いた、その中に誰一人いない事は既に

     確認済みであったが さらに自分の気配を消すかのように慎重に、いや

     何かに怯えているかのようにその部屋に足を踏み入れた。

     空気さえ静止しているかのような空間だが どこか違和感を覚え振り向く男

     そこには誰もいない・・・  しかし、足元に目をやると


c0140281_2249836.jpg

     「お、お前、いたのか・・・」 不意をつかれ動揺を隠しきれない、男

     その低さでも、俺の背後にだけは、立つな。



               おことわり、 筆者は“ゴルゴ13”の大ファンです。



     
[PR]
by nobtee | 2008-06-03 00:06 | 犬と男

真のファミリーの “BOSS” とは・・・ Part 2

c0140281_17474743.jpg
犬は ・・





c0140281_1748421.jpg



女を待っている

ただひたすら ・・・






c0140281_17502453.jpg


しかし今回は

じっとしてはいない。






c0140281_17532049.jpg

        またもや写真があるという事は 

        やはり男も一緒に待たされているという事なのだ。
[PR]
by nobtee | 2008-05-03 00:05 | 犬と男

テレパス Ⅱ

       出来れば3月7日の“テレパス”を先にご覧下さい。


c0140281_21561025.jpg


     犬には自分にとって大切な人が来る事を前もって分かると言う特殊能力が

     ある事を男は既に確認済みだった、しかし自分の時の事を聞いて落胆する

     のが男は怖かった・・が、どうやらその心配が無くなった。



          なぜなら犬は、男が帰ってきて・・・
c0140281_2111581.jpg

          しばらくたってから不意をつかれたように、 気づいたようだ・・・

c0140281_21144047.jpg

          愛想笑いしても、手遅れだ、 しかも寝たままで、 なのか・・・・・・・・
[PR]
by nobtee | 2008-04-25 00:05 | 犬と男

Dinner Rush Once More.

c0140281_1525324.jpg

   港町の喧騒から埠頭側に少し離れた場所にそのレストランはある、広々としたホール、

   テラスもありその前は艀になっていて 40フィートを超えるクルーザーを乗りつけ食事に

   訪れる客も少なくない、そんなレストランの中でも最もくつろげる いつものテーブルに 

   犬と男は着けなかった・・・ 大口のパーティの予約が入っているようで、まさに 今日は

   “Dinner Rush”なのだ。

c0140281_15371121.jpg

 既に“いつもテーブル”には食事を楽しむ2組の年配の男女で埋まっていたが なんとか

 他の席を確保してもらう 犬と男、 オーダーを済ませほぼ満席のホールを見渡し 一息

 つく男、ここも充分過ぎるほどの場所だ 気分を変えるのも悪くないと思い始めていた。


c0140281_17232235.jpg
ふと気づくと 犬の姿が無い、見回す男、

少し離れた“いつものテーブル”に犬が

勝手に入り込んでいる、突然の“来訪者”

に驚きながらも満更でもなさそうな 年配

の客達、丁重に詫びを陳べ犬を自分の席

へ連れ帰る男。


食事を終えた“いつものテーブル”にいた

客達全員が犬を撫ぜて帰って行った、

どうやらこの犬に懐かれたと思った

ようだ 無理も無い・・ しかし男には分

かっていた・・ 犬の考えている事は、



c0140281_1818276.jpg

                   「そこはオレの指定席だ!」


 とでも言いたいのか?・・・   「生意気だ。」   男は心の中で秘かに呟いた・・ 



                              (本文は不本意ながら事実です)



 
[PR]
by nobtee | 2008-04-18 00:15 | 犬と男

犬と女

c0140281_20444161.jpg

この何日かは散歩の時間が不規則だったが 今日 女はいつもの時間に犬と共に散歩に

出かけた、その犬はあと数ヶ月で16年の月日を生き抜こうとする老犬だ、 しかし 女は

その散歩で ある嬉しい悩みを抱えていた、


c0140281_2123845.jpg
この日も歩き始めてほんの数分で女の

予感は的中した、近所に住む女性が

この犬を見て声をかけて来た、

犬も永い間 生きていると この界隈の

みんながその存在を知ってくれている、

ほんの数日姿を見せないだけで心配して

くれる人達が ありがたい事に大勢いる

のだ、当然話し出すと すぐには開放して

くれない、この日も3回ほどそんな状況に

陥った。


c0140281_224549.jpg

       一向に先へ進めない散歩ではあるが、

       この犬の生活は幸せな毎日だ。






     
[PR]
by nobtee | 2008-04-11 00:05 | 犬と男
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31